Dobuita Bourbon Street

ドブ板がJazzであふれる!「Jazzパスポート」を持って異国情緒たっぷりのドブ板通りを歩き回り、アメリカンバーやジャズバーでごきげんなJazzを聴きまくろう!

2019年11月2日(土)・3日(日)12:00~21:00

会場店舗(予定)

※会場は変更になる場合があります。

  • GEODANA(ジオダナ)
    ネイビー(米海軍兵)が集まるスポーツバー。オーナーは気さくな米国人、スタッフはネパール人や日本人と多国籍で、フード類も充実。週末にはスポーツ観戦のほか、ミラーボールのあるフロアでDJイベント、ダンスパーティーなどもあり、エキゾチック感満載なお店です。
  • 艦マニア横須賀
    潜水艦が目印のスーベニアショップ。海軍カレー、海上自衛隊カレー、オリジナルグッズを販売。2階は軍艦マニアが集う憩いのスペース。PXでは迷彩ソフトクリーム、潜水艦ドッグなどを提供。「沈黙の艦隊」の漫画家かわぐちかいじの壁画も!
  • GREEN HILL(グリーンヒル)
    80年代ディスコを再現したアメリカンバー。週末はDJが盛り上げてくれる。バンド機材、音響、ミラーボール・ライティングシステムも充実。広々としたスペースで貸切パーティーも。
  • Kent倶楽部(ケントクラブ)
    ジャズ好きはもちろん、ジャズ初心者でも気軽に訪ねられる。重厚なインテリアが居心地の良いスタンダードバー。週に一度、ピアノジャズライブを開催。
  • ホテルニューヨコスカ

出演者

※出演会場およびスケジュールは後日掲載します。

朝本千可

(あさもと ちか)
米国クレアモントカレッジ、バークリー音楽院に学び、1988年、日本人初の女性プロサックス奏者として、アルバム『GYPSY MOON』(日本コロンビア)でデビュー。ジャズにR&Bやポップスなどを取り入れ、リリカルな表現力を持った音楽性のみならず、その存在は、当時の日本のジャズ界に大きな衝撃を与える。凛とした美貌と、ワンアンドオンリーなソプラノサックスの音色、スタイリッシュなステージでアジアを代表する女性サックス奏者として国内外で幅広く活躍中。

岩嵜香織

(いわさき かおり)
横須賀市出身。洗足学園大学短期音楽科ジャズコース卒業。ジャズトランペットを原朋直氏に師事。女性プレイヤーならではの繊細な感性と、見た目とのギャップに誰もが驚く渋く力強い音色には定評がある。故ジョージ川口氏や花岡詠二氏、中村誠一氏らとの共演や「岸真澄とピノ・ノワール」への参加など活動の場を広げる。2004年ビッグバンドのサポートでモンタレージャズフェスティバルに出演。自己のバンド「KAORi6」で活動中。

小川恵理紗

(おがわ えりさ)
留学先のカナダで開催された、West Coast Jazz Festival、国際Jazz Festivalにて金賞受賞。高校卒業後は、Kansas Weslyan University、Berklee College of Musicにてジャズ、作曲を学び、NYで1年半活動し、帰国。第3回ちぐさ賞グランプリ、ベストパフォーマンス賞を獲得。翌2016年、CHIGUSA RecordsからCD、LPを発売。17年、ロンドンにてワークショップを開催。現在、日本人初のビートボクシング・フルート奏者として数々のメディアで特集され注目を浴びている。

JIREH

(ジャイラ)
横須賀市生まれ、15歳のウクレレプレイヤー。小学5年の時に興味を持ち、独学で習得。2018年8月、「YOKOSUKA INNOVATION MUSIC AUDITION」のファイナリストに選ばれ、独特の演奏テクニックが高い評価を得る。現在はプロ奏者・渡辺海智氏の指導を受けながらライブ活動を続ける。同11月、「The ukulele contest 4All Under 15」で最優秀賞に輝いた。

立原麻衣

(たちはら まい)
17歳で東宝映画のオーディションで合格し女優デビュー。ドラマや映画などで幅広い役柄を演じる。現在は女優兼ジャズシンガーとして活動中。40代目前でジャズ歌手として歌い始める。ジャズ歌手としては岩山立子名義で活動。2015年12月16日にはTHINK!レーベルよりファーストアルバム「DRAMATIC MOMENTS」をリリース。現在、東京都内、横浜、鎌倉などのライブハウスに出演している。

塚原小太郎

(つかはら こたろう)
1952年生。父は作曲家、母はチェリストという音楽一家に育ち、幼少よりクラッシックに親しむ。指揮を小澤征爾の師・齋藤秀雄に、作曲を池之内友次郎、三善昇に、ピアノを安川加寿子に習う。管弦楽法とオーケストラに使われる殆どの楽器の奏法に関するアドバイスを父・塚原哲夫より手ほどきを受ける。東京藝術大学付属高等学校卒業後、オスカー・ピーターソンを聴きジャズの世界に飛び込む。以降、一貫してジャズピアニストとして活動。

ひごたくみ

(ひご たくみ)
2002年、横須賀生まれ。2014年、横須賀芸術劇場20周年記念オペラ「夕鶴」に出演。2015年、全日本ポップス&ジャズ グランプリ大会 ソロアドリブ部門優勝。2016年、Cuban Salsa Contest パーカッション部門優勝。キューバ大使館より表彰を受け、同年キューバへ渡り研鑽を重ねる。横須賀芸術劇場少年少女合唱団、みなとみらいSuperBigBand所属。自身のリーダーバンドを率い、ライブハウスなどで活動中。

前田サラ

(まえだ さら)
10代より、一流ミュージシャンとのセッションやバンドを経験。カウントダウンジャパン、フジロック、ライジングサンなどの大型フェスにも出演し、幅広い活動を展開。2015年末、R・ピーターソンプロデュースの「From My Soul」でビクターよりメジャーデビュー。著名アーティストのレコーディングやサポートにも参加。ゴスペルをルーツに持つ、熱いファンク・ソウル感溢れるプレイスタイルが注目を浴びている。

MASAToooN!

(マサトゥーン)
横須賀市出身。“音の魔法の旅”をコンセプトに、8弦ギターを使用して特殊な奏法や音を駆使し演奏する。ライブカフェやライブバーを中心に野外ステージやショッピングモールなど、演奏シーンを問わず幅広いシーンでのライブ活動を全国的に行っている。また、アメリカのギターメーカーGOC Guitarsと大阪のオーデュオケーブルメーカーSir Toneの公式アーティスト(エンドーサー)を務めている。

Mrs. GUARANA

(ミセスガラナ)
2003年結成。Vo. Hiromi、G. Tetsuによるユニット。結成当初は横須賀を拠点とし、ジャズのスタンダードを中心に演奏をスタート。その後、それぞれの経験を活かし、様々なジャンルの音楽に挑戦。独自のアレンジにこだわり続け、現在ではジャズスタンダード、昭和歌謡曲、POPS、ディズニー映画の名曲、ジブリ映画の名曲など幅広い年齢層に喜ばれるアラカルトな選曲のステージを届けている。

宮脇惇

(みやわき あつし)
横須賀市生まれの25歳。洗足音楽大学ジャズ科在学中、映画『この世界の片隅に』の劇中曲「Moonlight Serenade」でクラリネットを担当。卒業後、自らのバンド宮脇惇QuartetやApple Seedsなどで活動。2018年、第6回ちぐさ賞グランプリ受賞。19年6月にCHIGUSA RecordsからデューアルバムをLPとCDでリリース。現在、横須賀、横浜、都内のライブハウスで活動中。

力武誠

(りきたけ まこと)
横須賀市出身。高校卒業後、音楽専門学校を経て、故・日野元彦(dr)の5年間の付き人の後、当時闘病中の日野の代役でプロデビュー。日野皓正(tp)、CLUB TOKO、鈴木勲(b)、川嶋哲郎(ts)をはじめ、様々なバンドセッションに参加。海外公演も多数経験し、ハンク・ジョーンズ(pf)やクリス・ポッター(ts)とも共演。宇宙や自然をコンセプトの「BLUE DOT」、ハッピーでファンキーなサウンドの「力武誠カルテット」のリーダーバンドを持つ。

チケット情報(Jazzパスポート)

1日券 ¥2,000(当日は¥500増し)
※20歳未満は入場できません。
※飲食代は別途かかります。
(店舗では1ドリンク・オーダーにご協力をお願いします。)

下記でチケットをお買い求めのうえ、交換所(ドブ板イベント広場)で「Jazzパスポート」と交換してください。

  • 横須賀芸術劇場
    • 電話予約センター 046-823-9999(10~17時)
      (劇場プレミアム倶楽部専用ダイアル 046-823-7999)
    • 店頭販売(芸術劇場1階サービスセンター内、
      横須賀中央駅西口モアーズシティ1階モアーズストリート)
  • e+(イープラス)
  • 楽天チケット ※楽天スーパーポイントがたまる!